ちゃいるど通信(2018年11月)

  • ちゃいるど通信
  • チャイルド・アイズ

11月の旧暦名は「霜月」

由来は霜が降り出す時期なので「霜月」と言うのが一般的な由来のようです。

「霜」と言ってもなかなか見たことのないお子さまも多いと思います。霜が降りた朝は、一面白く薄化粧をした景色になっています。

霜柱を踏むと「サクッ、サクッ」とする感触を楽しんだり、葉についた霜を手で押したりして遊んだ思い出のある方もいることでしょう。

11月は1年を通じて最も景色の変化が見られる月です。紅葉を見て落葉へとなり冬...

この記事は会員限定です。

会員登録をすると続きをお読みいただけます。

残り:121文字

おすすめの記事