ちゃいるど通信(2018年8月)

  • ちゃいるど通信
  • チャイルド・アイズ

夏休みの過ごし方

夏休みをどのように過ごそうかとお考えになっている頃かと思います。
8月は家族と過ごす時間も増え、様々な経験ができる良い機会ですね。

子どもの頃は、夏休みといえば早起きをしてラジオ体操を行った記憶がある方も多い事でしょう。

ラジオ体操の豆知識

ラジオ体操は当初、「国民保険体操」として始められ、老若男女を問わず身体を動かし、維持する事を目的に作られました。
ラジオから放送が始められたのは今から90年も前の事です。

「ラジオ体操」と名前を変えて放送されたのは、1956年5月6日です。夏期巡回として全国に運用が始まり、消費カロリーが以外と多い事はなかなか知られていないと思います。

生活のリズムが崩れがちな夏休みに早起きをして、地域のラジオ体操に参加したり、親子で身体を動かしたりして、 新学期に備えるのはいかがでしょうか。

おすすめの記事