ちゃいるど通信(2018年2月)

  • ちゃいるど通信
  • チャイルド・アイズ

2月3日は節分です。

節分のもともとの意味は季節の分かれ目。
昔の暦は二十四節気が使われ「立春」「立夏」「立秋」
「立冬」の前日を節分と呼んでいました。

昔の人は大晦日を重んじていたため、いつしか立春の前の日だけを「節分」と言うようになったそうです。

この記事は会員限定です。

会員登録をすると続きをお読みいただけます。

残り:273文字

おすすめの記事