2020春パターンブロック作品コンテスト 『優秀賞』発表!

  • 知育
  • チャイルド・アイズ

未就園児~幼稚園児(年少)の部 優秀賞 作品名「ちょうちょうがお花のみつをすいにきたよ」作者:西舞子校 澤田彩生さん(3歳)

今回は最多となる総数108作品の応募をいただきました。
送ってくださったみなさん、本当にありがとうございます!
今回のテーマ「春」をとても豊かに表現している作品が多く、とても素晴らしい作品ばかりでした。

どの作品もお子さまの想いが伝わってくる素晴らしい作品ばかりでした。
今回の優秀賞選考にあたってはチャイルド・アイズのスタッフのほかに、やる気スイッチグループ全社員にも作品を共有し選考を行いました。
本当に力作揃いでどの作品も優秀賞になり得るものばかりでした。

今回は5作品(幼稚園(年中)の部が同一投票数のため2作品)を優秀賞とし、1作品に『審査員特別賞』、各部門ごとに『チャイルド・アイズ特別賞』を設けました。

※『チャイルド・アイズ特別賞』はこちらの記事で発表いたしますので、合わせてご覧ください。

コンテストを開催する度に作品のクオリティが高くなり、審査員も驚きと共に、毎回作品を見るのがとても楽しみです。

今後もパターンブロックで素敵な作品を作っていただけたらと思います。


未就園児~幼稚園児(年少)の部 優秀賞 
 作品名「ちょうちょうがお花のみつをすいにきたよ」 作者:西舞子校 澤田彩生さん(3歳)

作者コメント
まず、春ってどんな季節かな、と問いかけ、「ママ、今がはるだよね。」と言ったので、公園に春みつけに行きました。
「お花にちょうちょうが止まってる。なにをしているのかな。」と、しばらく見つめていました。家に帰り、パターンブロックを出し、「さっき公園で見てきたものを1つだけ作ってみよう。」と声掛けしました。
「たいようさんは、こんなかんじかな。そうだ、お花にちょうちょうさんがとまっていたからそれにしよう。」と自分と対話しながら黙々と作っていました。お花のはっぱを組み合わせていくところが難しく、何度もやり直ししていました。

選考コメント
「まだまだ細かい作業が難しい年齢ですのに、一つ一つ丁寧に形をつなげて葉っぱを作ってくれた頑張りに1票!」

「公園でしっかり観察をしたことがうかがえます。葉が力強く、太陽も明るく輝いていて素敵です。」

「お母さまとの春みつけ、楽しそうな様子が伝わってきました!はっぱの表現の工夫も、素晴らしいです。」

幼稚園(年中)の部 優秀賞 (右)作品名:「春のおだいり様とおひな様」作者:一之江校 E.Sさん(5歳) /(左)作品名「つばめさん 僕のうちに巣をつくっていーんだよ」 作者:新浦安校 桑田眞綺くん(4歳)

幼稚園(年中)の部 優秀賞 
 (右)作品名:「春のおだいり様とおひな様」  作者:一之江校 E.Sさん(5歳) 
作者コメント
雛祭りをイメージして、自ら考えてデザインして、最後はママに少し手伝ってもらって制作しました。
雛人形の服装を如何に表現するかを試行錯誤をしながら一時間くらいかけました。彼女の想像力と集中力に感心しました。

選考コメント
「すぐにお雛様と分かる表現が素晴らしいです。苦労されたお着物もとても素敵です!」

「ひな人形のお衣装がとても素敵で、見とれてしまいました。」

「お内裏様とお雛様の特徴の違いが上手に表現されていて素敵でした。」


幼稚園(年中)の部 優秀賞
(左)作品名:「つばめさん 僕のうちに巣をつくっていーんだよ」  作者:新浦安校 桑田眞綺くん(4歳) 

作者コメント
4月下旬、朝早くにお庭へ出てみると空につばめを発見しました!巣を作る場所を探してるのかも知れないねと教えると、「僕のお家に巣つくっていーよー」とつばめに向かって言っていた1コマをパターンブロックで表現した様です。

選考コメント
「燕の表現がとても上手です。燕に声をかけている様子がよくわかります。」

「とても元気いっぱいな躍動感がすごい!」

「燕の飛ぶ姿にとても勢いがあり、本当に飛んでいる様です。」

幼稚園(年長)の部 優秀賞 作品名「ザリガニ」 作者:白金高輪校 R.Oくん(5歳)

幼稚園(年長)の部 優秀賞 
 作品名「ザリガニ」  作者:白金高輪校 R.O(5歳)

作者コメント
ハサミの形をかっこよくしました。
ザリガニの周りのプロックは水の中の石です。

選考コメント
「ザリガニの勢いが圧巻です!」

「本物のザリガニだと思いました。色使いもきれいです。」

「ザリガニがリアルでびっくりしました。」

「発想と観察力と緻密さに溢れた、お手本にしたくなる制作です。」

小学生の部 優秀賞 作品名「春の訪れ「椿」」  作者:方南町校 I.Kさん(11歳)

小学生の部 優秀賞
 作品名「春の訪れ「椿」」  作者:方南町校 I.K(11歳)

作者コメント
久しぶりにパターンブロックを手にして、テーマである「春」を試行錯誤しながら頑張りました。
つばきを立体的にしたり、つぼみや葉っぱも工夫してみました。あれこれ考えている時がとても楽しかったです。

選考コメント
「立体と平面を上手に使うことで、椿の花の豪華さが引き立った良い作品になっていると思います。」

「とても立派な椿の花が咲きましたね。立体にしたことで目の前に迫ってくるような迫力を感じました。」

「何を一番に伝えたいのか、思いが強く表現されていました。椿の花びらの重なり方や花全体のかたち、細かな観察力にも感心します。力作ですね。」

審査員特別賞 作品名「春の小川」 作者:ひばりが丘校 近藤彩葉さん(5歳)

審査員特別賞 
 作品名「春の小川」 作者:ひばりが丘校 近藤彩葉さん(5歳)

作者コメント
ある春の暖かい日、家族で近くの川に散歩に出かけました。その時の風景をパターンブロックで表現しました。水のきれいな小川には、たくさんのお花が咲いていて、ちょうちょう、てんとう虫が飛んでいました。川には小さい魚が泳いでいました。
頑張ったところは、てんとう虫を表現するのが難しかったです。工夫したところは、お花の茎と葉っぱです。

選考コメント
「春のうららかな日に小川のせせらぎときらきらと光る水面が思い浮かぶ素晴らしい作品です。小川ではお魚さんが気持ちよく泳いでいて、お花や虫も春になったことを喜んでいるのが伝わってきました。
春を体いっぱいで感じて、表現してくれた素晴らしい作品です。」

▶『チャイルド・アイズ特別賞』のご紹介はこちら!